2017年わい的思い出ランキング

こんにちは。北陸の食パンです。

今回は、2017年もそろそろ終わりということで、「2017年わい的思い出ランキング」ベスト10を発表したいと思います。まあ、はっきり言って誰得記事ですがご笑覧頂ければこれ幸いです。

って、あれ? 今回なんでベスト10なの?って思われた方もいると思いますが、今回は正直いろいろありすぎてベスト5でくくるのは難しいので、ベスト10にさせていただいた次第です。

てか、大晦日ぎりぎりセーフの記事投稿。年明けなくてよかった・・・。

簡単ではありますが、各々のエピソードも語っていこうと思います。

さあ、早速ランキングの発表をしていきましょう!

第十位:久しぶりの超大手サークル入間航空祭参戦

わけあって、かなり久しぶりに入間航空祭に行ってきました。

徹夜組の知人に、物資を貸与したり、あーちさんと会って入間基地内を歩いたり、場外からブルーインパルスの飛行を鑑賞したりしました。

入間基地内の様子の一コマ。例年、人が多いので本当に超大手サークルであるw

久々とは言え歩くのも一苦労であった。

一応、ブルーインパルスが近くに見られるところまできて、ブルーインパルスも撮影した。

そして、入間基地の外に出てブルーインパルスの飛行を鑑賞。

3年ぶりではあるが、場外鑑賞は楽しかった。今年新しいカメラを買ったので、練習がてらたくさん撮影した。

きれいに並んで飛行する技術力は相当なものなはずだが、実際に見ると本当に感動するし、すごいと思うので、機会があれば入間航空祭で見てほしい。

超大手サークル入間航空祭名物も見られて大満足。

スタークロス(だったかな?)も鑑賞。ブルーインパルスの飛行は美しかったっすな。

第九位:帰ってきたキャラクロ

2017年2月に秋葉原に帰ってきた「キャラクロ feat.アイドルマスタープラチナスターズ」。5月までの3ヶ月限定(当初の期間よりも延長)

「キャラクロ feat.アイドルマスター」に入り浸ったPたちが、例の場所に戻ってきた。

久々にあの場所に帰れたのはよかったけれども、店側の企画努力という点ではいまいちだったところもあり、ベスト10でもこの位置にさせていただいた。

一応、写真でそのときの様子を振り返ってみたい。

キャラクロ復活初回は千早誕生祭メニューで埋め尽くした。

奥に変なものがおいてある? ナンデスカネー?

知 っ て た

お ま た せ

い つ も の

伝 統 芸 能

親 の 顔 よ り 見 た 光 景

実 家 の よ う な 安 心 感

わいにとっての伝統芸能復活はかなりうれしかった。

一番うれしかったのが、3回目のブロマイドチャレンジで見事千早を引き当て、優勝しました。カズダンス踊りたいぐらいのレベルで(ぉ

第八位:千早聖誕祭記念千早駅訪問+ブルトレたらぎ宿泊

今年の2月25日は土曜日というのもあり、早朝に地元を出て、飛行機で一路福岡へ。

福岡についたら真っ先に千早駅に移動し、そこでまた記念撮影を実行。その後、博多バスターミナルから人吉まで高速バスで移動し、多良木まで出て、念願の「ブルートレインたらぎ」に宿泊。現役時代に乗れなかったソロに泊まれて大満足だった。

翌日は昼前まで「ブルートレインたらぎ」でゆっくり過ごして、その後列車・バスと乗り次いで鹿児島空港から帰京した。

一応、当時のことを少しだけ写真で振り返りたい。

千早駅の名物72kmポストはきちんと拝みました。

人吉まで移動中のバス車内より。昨年の熊本地震で被害が発生した九州自動車道の復旧工事が進められていた。

余談だが、わいの親戚(父の兄。いわゆる叔父)一家が熊本市内に住んでいるが、住んでいた住宅は半壊し、いまだに仮設住宅生活を余儀なくされている。また、新築の家の計画はあるもののいろいろと諸問題があり実現には至っていないようである。

ブルートレインたらぎ。客車は2009年以来の再会。葬式乗車したときの思い出がよみがえる。

3両のうち1両はフリースペース。飲食はここでしかできない。また、地元の人たちの憩いの場ともなっている。

わいが、泊まったソロの部屋。現役時代にかなわなかった夢をようやく実現することができてうれしかった。

「ブルートレインたらぎ」については、こちらで特集しているので、合わせてご覧頂ければ幸いである。

第七位:雨の中のデレ静岡5th現地推し

わいにとって初めてのアイマス現場地方遠征となった。デレマス5th静岡の現地推し。

プロミで初めてであって、GWを3日間ともにしたZAKIX虎Pが現地推ししに行くという情報を聞いて、わいも呼応する形となった。

アウェー感漂う現地推しであったが、現地推しで名刺交換していただきました皆様、そしていつもお会いする皆様ありがとうございました。

なお、1日目の終わりにさわやか芸しようと思ったら、待ち時間の予測ミスってくいっぱぐれる結果になったり、2日目は大雨降られたりと散々なところもありましたが、それでも楽しかったです。

一応、写真でそのときの様子を振り返ってみたいと思う。

初めて訪れたエコパ。アウェー感に圧倒されながらも、現地入りした。

デレ5th名物課金馬車。サイゲームス恐るべしw

2日目は雨に見舞われる。阿部たんでむPから貴音タオルを拝借し、雨をしのぐわい。

三重からかけつけたZAKIさんことZAKIX虎Pと阿部たんでむPの後ろ姿並び。

途中から雨の降りが強くなったので、スタジアムの軒先に避難した。

第六位:P仲間と鉄道旅行2連発

今年の秋(9月・10月)は、わいの知り合いのPとともに鉄道旅行を楽しんだ。

その時の様子を簡単ではあるが振り返ってみたいと思う。

9月 あーちさんと18きっぷで越後湯沢まで往復旅

今年8月に使う予定だった18きっぷを消化するために、わいがアイマスP界隈でよく付き合う人の一人であるあーちPと越後湯沢まで往復乗り鉄旅をしてきた。

目的の列車に乗る前に上信電鉄に寄ったら、わいのフォロワーであるふーたろさんとエンカする。

やっぱ、上信電鉄の元西武車両あり得ん良さみ深い。

そして、初めてのJRのSLに乗車。久々のSL乗車に胸が高まった。これで水上まで乗車する。なお、帰りの水上発高崎行のSLにも乗車した。

そのときの客車はレトロ客車。あり得ん良さみ深い。

水上からは、今年の6月から11月まで毎月乗車した「リゾートやまどり」に乗車して越後湯沢まで行く。越後湯沢からの帰りもこれだったがw

途中土合駅で20分ほど停車したので、散策も兼ねて久々に土合駅を歩く。例のアイモバ遠征以来ほぼ4年ぶりの訪問であった。

そして、土合駅の上りホームがある駅舎。青空の下撮影できてよかった。

そして、土合駅の駅名標も忘れずに撮影。日本の数あるモグラ駅の中で一番風格のある駅。それが土合駅である。

10月 グッチさんと越乃Shu*Kuraで酒クズ旅

ハッチポッチフェスティバルの翌週に、わいがアイマスP界隈でよく付き合う人の一人であるグッチPと越乃Shu*Kuraで酒クズ旅をしてきた。

往路は安定の伝統芸能である「リゾートやまどり」で渋川まで乗車。ハッチポッチフェスティバルのときにもらったぬっぱらい君の餞別を持って、グッチPと最初から飲みまくってたw

そして、渋川に到着した後、荷物室の開放が行われていて、撮影をさせていただいた。

今回は、ディーゼル機関車重連牽引によるレトロ客車運転であった。なかなかディーゼル機関車牽引の列車に乗ることがないので、貴重な機会であったと思う。これで渋川から水上まで乗車する。

水上から普通列車に乗りつぎ、越後湯沢の「ぽんしゅ館」で日本酒を楽しんだ後、いよいよ今回のメインディッシュである越乃Shu*Kuraに乗車。越乃Shu*Kura乗車中も酒クズを思いっきり楽しんだ。

終点の上越妙高についたあとは、普通列車を乗り継いで篠ノ井で宿泊する。

翌日は、長野まで出て、まずは「おいこっと」に乗って十日町まで移動。ここでも酒クズ芸をかました結果、餞別を全部飲みきるということにw

「おいこっと」の後は、ほくほく線に乗り換えて六日町まで行く。

六日町では、ほくほく線開業20周年に合わせてイベントが行われていた。雨の中ではあったが、いろいろな展示が催されており、そこそこ楽しかった。

十日町から六日町まで乗ったゆめぞらの片割れが車庫内にて展示されていたので、車内に入ってみた。

ゆめぞらでは、日本初のシアター・トレインで、トンネルに入ると突然電車の天井が巨大スクリーンになり、コンピューター・グラフィックで作られた映像が流れる。

詳しくはこちらを見てほしい。

一度は乗ってみたかったゆめぞらに乗れて満足。ぜひ機会があれば、みなさんにも乗ってほしいなあって思ったりw

六日町からはまた越乃Shu*Kuraに乗車。酒を切らしていたので、試飲程度しか酒はのまなかったが・・・。

2号車の風景も撮影してみた。越乃Shu*Kuraのメインとなるところでもある。

上越妙高からは新幹線で帰り。途中高崎でMaxに乗り換えて2種類の新幹線を楽しんで帰った。

第五位:春の静岡Pオフ会

今年3月に、アイマス10thからお付き合いのある焼肉のおーずPと落ソヤPからお誘いを受け、ミリオン4thの現地推しの合間を縫って、一路静岡まで足を運んできました。

御殿場で温泉にビールクズした後、おーずPの家に宿泊。あのときは、最高に盛り上がりました。

来年も機会あれば行きたいっすなあ。

簡単ではあるが、写真で振り返ってみたいと思う。

温泉入った後、ビールクズ決める前にキャラクロのコースターを並べる。焼肉のおーずPとわいは千早Pなので、千早。そして、落ソヤPはあずさPなので、あずささん。

ビールの飲み比べセット。6種類あり、3人で2種類たしなんだ。

ビールにあうおつまみが多く、テンション上がる3名。

なかなか絶品のスペアリブ。

飯食った後は、射的コーナーに繰り出して、懐かしの射的を楽しむ。焼肉のおーずPが、ガンガン景品をゲットしまくっててすごかった。

わいが唯一手に入れたもの。シガレットとか懐かしスギィ

おーず邸にてアイマスヘッドホンを体感する。いろいろな意味で身震いするほどの感動を覚えた。

第四位:ハッチポッチステーション、そしてぬっぱらい君との別れ

今年は何かとアイマスライブが多すぎて、忙しい年でありました。

今年10月に行われたアイマスライブである「ハッチポッチフェスティバル」は、わいとベースキャンプ運営をともにしてきたぬっぱらい君の引退も重なり、いつもの楽しい感覚もある反面、寂しさも漂ったベースキャンプにもなりました。

いったん、ぬっぱらい君とはしばしの別れにはなるのですが、またどこかで会えればまた幸いなんて思ったり・・・。

一応、振り返りがてら写真を交えて当時の様子を振り返ってみたいと思う。

最後のベースキャンプ運営となる前副ベースキャンプ長ぬっぱらい君の後ろ姿

武道館前も撮影。

前副ベースキャンプ長ぬっぱらい君の独自企画無銭ピザ芸。

恒例の寄せ書きもやりました。

1日目開演直後の武道館前の様子。

2日目後半は、ベースキャンプ撤去を余儀なくされ、わいの秘密兵器ブルーシートを使って「日向ぼっこの会」を展開。

日本武道館ということで日の丸扇子も広げていた。

番外編:父方の祖母逝去

ベスト3の前に番外編を一つ。

先月のことですが、父方の祖母が逝去しました。享年87歳でした。前々から、危ないとは言われてましたが、言われた後からも十数年余生を送ってついにあの世の世界に旅立ちました。

優しかったけど、芯の強い祖母でした。迷惑かけたことが多かったけど、それでも遊びに行った時や、家にきたときには色々と世話になりました。

2年前から、毎年1度は祖母の元に帰ろうと思ってましたが、今年帰ろうとしたところ、両親に止められました。正直悔しかったですが、もうそこでもう祖母が生きているうちに会えないという覚悟はそこで決めました。その分、亡くなったときいたときの気持ちは思ったほど重くはなかったと思います。もちろん、通夜のときは信じられなかったのですけどね。けれども、火葬まで終わってようやく別れを認識できたと思います。

もう、九州の祖母の家には戻れませんが、また九州に行ったときは、近くを通ってみたいなとは思います。

おばあちゃん、今まで本当にありがとうございました。

第三位:母親と秋の鉄道旅行

本来なら、今年の9月に行く予定だった旅行(あーちさんとの旅行で振替)であったが、母親がそのとき体調悪く行けなかったので、リベンジを兼ねて、11月の最終週に行ってきた。

その時の様子を簡単ではあるが振り返ってみたいと思う。

高崎から水上までSLに乗る。今回はC61による牽引であった。

水上から越後湯沢の間はまたも「リゾートやまどり」に乗る。

越後湯沢から新潟まで「現美新幹線」で移動。初乗車だった。

「現美新幹線」の車内。1両ごとに違う芸術家の作品が展示されている。

売店も併設されている車両。子供が遊べるスペースもある。

新潟に着いた後は、宿泊。とにかく酒クズしまくった。

今回の旅のメイン。ばんえつ物語。母親が以前から乗りたかった列車の一つで、この機会にわいが夢をかなえさせた。来年からは新津発着となるため、新潟乗り入れの最後の定期列車となった。(乗車当時の翌週はクリスマストレイン扱いで運行のため、乗車当時基準でばんえつ物語としては今年最後の運転であった。)

できれば、グリーン車でいきたかったが、競争率が高く、抑えることができなかった。

山都駅にて。磐越西線の山中に入ると雪景色が広がっていた。雪景色のSLもまた美しかった。

第二位:2017年プロデューサーミーティング

2017年のアイマスイベントはじめとなったプロデューサーミーティング。

久々の765AS単独イベントだけあって、気分が高揚していた。この日のためだけに、わいの装備もバージョンアップ。気合を高めていったものの、企画が頓挫しまくって若干さんざんではありましたが、新しいPに出会えたり、久々に会ったPもいっぱいいて楽しかったですね。

ちょっとだけ写真を交えて振り返ってみたい。

ベースキャンプに千早色紙を立てる。

ベースキャンプ民で撮った集合写真。快速急行の種別板を持って顔を隠しているのがわい。

フォロワーの山城Pの春香痛チャリ。

わいの後ろ姿。アイマス10th当時からかなりのバージョンアップを図った。

ドールが展示されてるところも遊びに行きました。

第一位:GW伊勢遠征

今年の思い出ランキング第一位はダントツでこれに決定。

今年のGWは、プロミで初めてであったZAKIX虎Pのもとに遊びに行きました。きっかけは、ZAKIさんのキャスにたまたま遊びに言った後、ノリで「GW伊勢遠征するよ」って、言ってわいが有言実行した結果がこれであるw

おかげさまで、わいの相棒と呼ばれるぐらいの関係となり、毎日やり取りするのが当たり前になってしまった。初めてであった時は、お互いそうなるとは思いもせず・・・。

なお、来年のGWも伊勢遠征が決定しており、また濃ゆい旅が繰り広げられることであろう。

ここでは、ダイジェストであるが、一応写真を交えて振り返ってみたい。

1日目ダイジェスト ZAKIさんの伊勢めぐり紀行

初日は、わいが都内から高速バスで伊勢市まで向かう。ついて1時間ほどしてZAKIさんが出迎えに到着。このころはまだお互い敬語だったころ。今では懐かしい。

久々の伊勢神宮も参拝した。二見浦から始まり外宮・内宮の順に参拝する。

昼飯は伊勢うどん。かなりおいしかった。

午後は、菓子博へと向かう。とにかく人が多すぎて、ちょこまか巡った後に退散。その後、鳥羽展望台へと向かう。

鳥羽展望台の後は、鳥羽駅で撮り鉄。はじめて、「しまかぜ」を撮る。かっこいいっすねえ。

その後、たんでむさんと落ち合い、3人でグッズ漁りやスロットやったりして楽しんだ。

詳しくはこちらをご覧ください。

2日目ダイジェスト 鉄道成分たっぷりのプランで優勝!

まずは四日市へと向かい、末広橋梁へと向かう。なかなか特徴的な橋であるが、開閉の様子見れるかなと思って、調べたところ貨物列車運休オチで時間の無駄をしてしまった。

午後からは三岐鉄道へ乗り鉄しに向かう。まずは、北勢線ちょい乗りする。

そして、この日のメインの三岐線へ。ここでは、わいの地元で走ってた西武電車が元気に走っており、とにかく優勝決めてたw

以前、訪れたときに乗れなかった保々~西藤原間乗り鉄してた。やっぱ元西武車は最高。

夕飯は2人で松阪牛が手軽に食べられる焼肉屋へ行った。

詳しくはこちらをご覧ください。

3日目ダイジェスト 晴天の下南紀方面へドライブ

2日目とはうってかわって気軽な(?)ドライブへ。

あの遠征では通過してしまった橋杭岩も今回訪れることができた。

そして、目的地の潮岬に到着。あの遠征以来ぶりに帰ってきた。

潮岬からの帰りに新宮駅に寄って撮り鉄。283系あり得ん良さみ深い。

こちらは特急(ワイドビュー)南紀。

新宮での夕飯は、ご当地名物なれ寿司を食した。

詳しくはこちらをご覧ください。


ということで2017年の思い出ランキングをまとめました。

2017年も長いようで短かった。そして、昨年以上にだいぶ充実した年になりました。もちろん、つらいときもありましたけどね。

それでも、去年言った「今年以上に充実させたい」を達成できたということで良しとしましょう。

来年は、またいろいろと環境が変わりそうですので、前半はなかなか厳しい状況が続きそうですが、

今年、お会いできた方々には誠に御礼申し上げます。来年もよろしくお願いします。

ではでは、皆様よいお年を。


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

最初に戻る

error: Content is protected !!