【アイモバリアルグルメツアー】東十条エリアのからし焼きを食す

こんにちは。北陸の食パンです。

今回は、昨年の春にシリーズをスタートさせたものの、昨年の夏以降、ずっとおざなりにされてきたシリーズである「アイモバリアルグルメツアー」を久々に取り扱いたいと思います。

「アイモバリアルグルメツアー」の第四弾は、東十条エリアの「からし焼き」を食べに行きたいと思います。

それでは、早速本題に入りましょう。

アイモバにおける東十条エリアのアイテムであるからし焼きの説明文は「東十条のご当地グルメ。豆腐と肉でボリューム満点!!体力が少し回復します。」と書いてありました。

実は、恥ずかしながら、わいは、アイモバiで、からし焼きの存在を知ったわけでして・・・。

東京23区にもB級グルメなるものがあるとは・・・。まさに灯台下暗し・・・。

また、当時のツイートより「東十条で生まれたご当地グルメは豆腐と肉をニンニクと独特なタレで絡めたこってり系のスタミナ料理です。Pの皆様も東京都区内営業の際、燃料補給にいかが?」とわいはツイートしてました。

何度も言ってますが、このブログにおけるリアルグルメツアーの紹介順は相変わらずランダムなので、そこのところはよろしくです。

では、東十条生まれのソウルフード、からし焼きを食べに出かけましょうか。

この記事に書いている情報は2013年12月に取材した時のもので【古くて申し訳ない・・・。】)

img_3660

今回、訪れたのは、からし焼きの元祖といわれている「とん八」にやってまいりました。

建物を見る限り、いかにも狭そうな感じがしますが・・・。入るのに3分間躊躇ったなんていえない。

まあ、でもこういう建物も風情があるというか、東京の下町にやってきた気分ですね。はい。

なお、現在は改装(2014年4月に改装休業を経て、同年8月にリニューアルオープン)され、外観もきれいになっています。

img_3661

屋根上の排気口からおいしいにおいがしてきます。

ただでさえ店が狭いのですが、その狭いところに自転車がぎっしりと止まっています。集団でいったら、いったいどこに止めるんですかねえ?

さあ、そろそろ店内に入りましょう。

img_3662

店に入って、メニューを撮影します。

メニューはからし焼きのほか、南蛮焼き・レバー焼きもあるようです。ほかも気になりますが、今回はお目当てのからし焼きを注文させていただきました。

なお、からし焼きと南蛮焼きには2種類あり、普通のものは豚バラ肉を使用し、もう一つは豚ロース肉を使用しているみたいです。値段的には100円差ですが・・・。

あとは、サイドメニューとしてポテトサラダやお新香などがあります。

そして、店内は約10席ほどのカウンターだけです。テーブル席はありません。

img_3665

マッチョな店主が、フライパンで「からし焼き」を調理します。

まず、ラードで豚バラ肉を炒め、秘伝の自家製タレを加えたら、大量の、唐辛子とニンニクと生姜を投入。その後、豆腐を入れて煮込み、盛りつけ時にキュウリと刻み長ねぎをトッピングして、からし焼きが出来上がります。

ちなみに、調理中は平気で火柱が上がりますw 初見だとビビるかもしれないですねw

この調理中の火柱もとん八の見どころなので、訪れた際はぜひご覧ください。(火柱が上がっているときの写真を撮りたかったけど、タイミングを逸しましたorz)

img_3666

そして、満を持して、お目当てである『からし焼き』の登場だァーーーーーーーーーーーー!!!!!!!(トゥルロロテッテレーwwwwwwテレテッテテwwwwテテーwww)wwwトコズントコトコジョンwwwズズンwwwww(テテロリトテッテロテテーwwww)

なんか、GPLを受信してしまった気がするが、気にしてはいけません(ぉ

さて、『からし焼き』には、濃いめのタレの中に、たくさんの豆腐と豚バラ肉が入っています。トッピングには長ネギの他に何故かキュウリの千切りも載っていて、結構ボリュームがありました。

実際に食べてみると、 濃いめの甘辛い味付けでニンニク風味たっぷりの味が舌にしみわたりましたね。何か病みつきになるようなこの感じ。からし焼きを食べると、飯がほしくなる。そんな感じ。

さらに言い換えれば、何かパンチがきいた味と表現すればいいんですかね? さて、実際の味は現地にて、体感してください。

img_3667

さっき、飯が食いたいといいましたが、飯もきちんと頼んでますよ。

からし焼きを食べる間に飯を食べてもよし、からし焼きの中に飯をぶっこむのもよしといった具合に、飯とからし焼きの相性は最高そのものです。

東十条のソウルフードの味に感動しながら、食べ続けて完食! ごちそうさまでした!

今回のからし焼きについては、アイモバがなかったら一生知らずにいたのかもしれない。まじめにアイモバに感謝したい次第である。

ちなみに、からし焼きは、今回紹介した「とん八」のほか、「みとめ」・「味の大番」というところでも食べられるそうです。

てか、取材してから3年以上たったけど、また食べに行こうかしら。あの病みつきの味を体感しに!


 

ということで、アイモバリアルグルメツアー第四回目、東十条エリアのアイテムである「からし焼き」のレポートをお伝えしました。

次回のアイモバリアルグルメツアーは遠くに飛びまして、盛岡エリアのアイテムを取り上げたいと思います。今月中には、記事にしたいところです。頑張ります。


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

最初に戻る

error: Content is protected !!