【過去の放浪記】2014年末〜2015年年始関東風まかせ旅(前編)

こんばんは。北陸の食パンです。

ブログ書けるのがどうしても公休日に集中してしまいますので、そのマンネリを解消すべく、仕事で僻地に飛ばされている合間にも書ける内容は限られますが、できるだけ記事を書いていこうと思います。

さて今回は過去の放浪記第一弾ということで、去年の年末から今年の年始にかけてあてのない旅にでましたので、その時のことを書いていきたいと存じます。

本来なら年末年始は休めないのですが、ちょっと当時は状態が悪かったというのもあり、有休申請して、旅に出ることに決めました。

(12月30日)

当時働いてた会社に向かうも途中で体調を崩し、電車から降りる。その後、有休申請して、豊島区千早界隈を散策する。散策後自宅に引き返す。昼前に帰宅。

この時はあまり写真を撮ってませんでしたので、後日にでもさらに昔に散策した写真を掲載できればと存じます。

ちなみに、千早とつく地名があるのは、東京都豊島区のほか、名古屋市鶴舞区近辺(交差点名などに千早とついている。但し、行政上の地名は存在しない)、大阪府千早赤阪村、そして皆様ご存知の福岡市東区の4カ所に存在します。

この千早とつく地名の特集は後日どこかで取り上げたいと思っております。

体調を崩していて、ろくに写真を撮ることができなかったが、要町駅の表示板を撮ったものである。

豊島区千早の最寄駅は要町駅のほか、千川駅、椎名町駅、東長崎駅からもアクセス可能となっている。
(2014年12月31日)

この日は思いつきで、千葉県房総半島方面へ。当時の通勤ルートから途中で外れて、東西線・日比谷線経由の八丁堀駅より本番スタートとなった。

八丁堀駅からは蘇我まで京葉線、その後外房線周りで安房鴨川まで。安房鴨川から内房線周りで千葉まででた後、千葉から東京までグリーン芸の後、上野を経由して、高崎線に飛び乗り、浦和で直近の界隈であるNisPと乗り過ごしPを迎撃し、昼飯を食べる運びとなった。

越中島駅で希少な209系500番台を見かける

外房線車内でモバブを使ってる風景。当時、限定品であったモデルを購入。これにより充電切れに悩まされることはなくなった。

千葉から東京までグリーン車に乗る。それぐらいの距離であれば、勿体無いので普段は普通車にするのだが、今回は特別だからグリーン芸した。

NisPと乗り過ごしPに会う前に飲酒芸する。しかし、これが裏目に出て、わい厄介さんになってしまう。すいません。今度から気をつけます。

で、昼飯後は乗り過ごしPと別れ、秋葉原までNisPと一緒に行って別れたと記憶している。記憶違いなら申し訳ない。

NisPと別れたあとは秋葉原を徘徊した後、回転寿し屋に入って寿司を食らって、それから再度徘徊した後、自宅に戻った。

(1月1日)

写真がないですが、この日は池袋のネットカフェでPS3を借りて年末にこっそり買ったアイマスOFAとG4UのVOL.7でひたすら遊びつつ昼寝芸という自堕落を味わって帰宅しました。

後編はそのうちあげますね。


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

最初に戻る

error: Content is protected !!